Wuhan 2020コミュニティは何をしていますか?

現在私たちがしていることは、(1)2020年初、武漢市に発生した新型コロナウイルス関連肺炎に対し、各病院、ホテル、工場、物流、寄贈、寄付金、予防、治療、活動などを統一収集又は公表、お互いに情報共有、又は有効に社会資源を上手く利用する出来るようにすることを目的とし、(2)関連するスキルを持つすべての人が 関連トピックの開発に参加し、オープンソースのコミュニティ文化と自己組織化された共同の方法でそれを完了します。

コミュニティの紹介

  • 武漢の新型の冠状ウイルス防疫情報プラットフォーム

    コミュニティ開発の情報システムです。資源提供者(医療資源提供者、物流会社、ホテル、義診資源)と協力者(病院、被災地の大衆)との間で情報を交換し、被災者の救助を迅速に行う。

  • Wuhan 2020コミュニティ

    現在Wuhan 2020コミュニティには様々な国から3000人以上のボランティアが集まっています。プログラマ、プロダクトマネージャー、デザイナー、プロジェクトマネージャー、データアナリスト、情報収集者、翻訳、メディア関係者、学生などがいます。情報システムの構築、データ解析予測などにより、新型冠状ウイルスへの抵抗に貢献します。

イベントとニュース